セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

読谷村社協の車椅子を借りる
 母が家を建て替えるので、その間読谷村の僕の家に同居しています。
 88歳になる母は、他はいいのですが足がだいぶ弱っていて、亀のようにゆっくりゆっくり歩きます。

 色々な面で意欲はまだまだあり、色んな所に行きたがります。
 でも、足がついていけないので、残波岬に行っても、少し歩いて結局 Uターンして帰ってきました。座喜味城址でもそうでした。

 それで車椅子があればいいのに、と思ったのです。

 介護保険で、市町村から車椅子を借りることもできると聞きました。

 母の住民票は那覇市にあります。那覇市から車椅子を借りることができるようにということで、ちゃーがんじゅう課の窓口を訪ねました。

 すると介護認定が必要で、そのためには医者の意見書が必要だとのことでした。

 それで、母が通っていたかず整形外科に行き、意見書をお願いしたところ、快く引き受けてくれました。

 それで、再び那覇市ちゃーがんじゅう課に行き、手続きをしました。

 後日、かず整形外科外科から連絡があったので、11月16日に整形外科に出かけ出かけ、問診を受けました。母はちゃんと答えていました。

 11月30日の午前、那覇市の要介護認定の調査員がいらして母の状況を調査しました。

  1月2日、兄の住まいで行われる新年会で行くと、那覇市から通知が届いています。
 開けると、要支援2の評価がついています。ただ、それだけでは、車椅子を借りることができるかどうか分かりません。

 仕事始めの1月4日、車椅子借用について那覇市地域包括支援センター繁多川に電話をしました。
そこで、いろいろ調べてくれて、読谷村社会協議会で、車いすを貸してくれるように紹介してもらいました。

 それで、すぐに読谷村社会福祉協議会に行きました。話をするとすぐに分かってくれて、借用書を書いただけで、車椅子を借りてくることができました。
IMG_20170105_153634.jpg

 1月10日火曜日、母仲松江美をざわわ接骨院に送迎しました。その帰りに、車いすもあるのだからと、読谷村楚辺の「艦砲ぬ喰ぇーぬくさーあの碑」見学してくる。車いすがあると便利です。
IMG_20170110_124335.jpg

 さらに、1月16日も、 読谷ざわわ接骨院で、母を迎え、そして読谷村残波岬に行きました。そして、車椅子で残波岬の灯台のところまで行き、ゆっくり楽しむことができました。
IMG_20170116_131938.jpg

 車椅子を積極的に利用して、母をあちこち案内したいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.