セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

曖昧な情報から住所を特定・・・ネットの電話帳
 昨日、おじ(母の弟)から母に電話がありました。K本S太郎さんの33年忌があるとのこと。

 S太郎さんは母と兄弟同然に育ったそうです。それで33年忌には出席したいので連れて行って欲しいとのこと。ぼくは承諾しました。

 住所がわかれば google ナビでそこまで行くことができるはずです。

 それで住所を母に尋ねると、「中城村安里」まではわかるが番地は知らないとのこと。息子の名前は「K本T志」だそうですが、漢字は曖昧なようです。

 叔父に再度電話し、住所を尋ねるのですが、分からない、近くにYの浦会館があるので、そこまで行けば、母が家は知っているはずだとの返事でした。

 さて、確かにそうすれば行けるでしょう。
 でも、僕は何とか住所が調べるのではないかと思い、コンピューターを開きました。

 以下、少し試行錯誤しましたが、そこは省いて書きます。

 まず「ネットで電話帳」を開きます。
ネットの電話帳

 「ネットの電話帳」を検索すれば、すぐに出ます。

 そして「沖縄県」を選択。⇒「中頭郡中城村」を選択⇒安里を選択します。

 そしてページ内検索の欄に「K本」と入力し、「検索」ボタンをクリックしました。
 
 すると、3人のK本さんの名前が出てきました。住所、電話番号もあります。

 しかし、母が言った「K本T志」はありません。でも「K本T市」があります。
 母に尋ねると、そうかもしれないと答えるだけであいまいです。

 グーグルマップでその住所を開くと、すぐ近くにYの浦会館があります。
 僕はこれで多分この住所で正しいなと思いました。

 その後、母はおじに電話をして確かめたところ、僕の言うように「T市」だったそうです。これではっきりしましたね。

 とても便利だなと感じました。でも、その反面プライバシーがなくなっている、恐ろしいなとも感じています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.