セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

兄弟を同じように育てることはできない
 よく「同じように育てたのに、なぜこんなに兄弟で性格が違うのでしょうか」などと言うお母さんがいます。

 確かに、同じように愛情をかけて、同じように育てた「つもり」ではあるのでしょうが、同じように育てることはできません。不可能なのです。

 第一子の場合、お母さんにとっては最初の子ですだから、全てにおいて初体験です。
 ミルクをあげるのも、夜泣きを聞くのも。

 それに対して、第二子の場合には、すでに子育ての経験者です。

 第一子で経験したことをもとにして、第二子を育てることができます。

 それは、お母さんの心がけということだけでは、絶対に同じようにできないことですね。どうしても子育てに差ができててしまいます。

 あるお母さんは、第一子の場合にはミルクの温度を温度計で測っていたが、第2子の場合には、手のひらの感覚で間に合わせていたと言います。

 写真の数が、第一子と第二子でとてもちがうという話はよく聞きます。第一子がすることは初めて見ることなので、めずらしい、おもしろいということでカメラのシャッターをきりますが、第二子がすることは、第一子がやったことなので、おもしろくもなんともないのです。

 第一子で経験したことをもとにして、この程度でいいだろうという感じで子どもを育てるようになるのですね。そのような意味で、兄弟を同じように育てることができないのです。

 もうひとつ。
 第一子の場合には、生まれた時には子どもは自分だけです。周りは全て大人。それが下の子ができるまで続きます。

 2番目の子は、自分が生まれた瞬間からもうすでに上の子(兄か姉)がいます。子どもは2人になります。

 お母さんも二人の子供を育てるのですから、気にかける度合も単純に考えて2分の1ずつにになりますね。

 そのようなことは、お母さんの心がけだけではどうしようもないことです。

 ということで、兄弟を同じように育てることはできないのです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.