セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ツワかんむり、ノツワかんむり
 漢字の学習書「成り立ちにとって学べば漢字は楽しい(仮題)」を作成しています。

 その学習書では、漢字をできるだけ大きな部品に分けて、それの組み合わせとして覚えるように作っています。

 「学」の字。
 これはカタカナのツとワ、そして子でできています。

 そのツとワを一緒にできないかな、と考えました。

 「ワかんむり」「ウかんむり」というのはあります。
 そうすると学の上の部分は「ツワかんむり」にすればいいのではないでしょうか。

 なぜそこの部分にはそういう名前はないのでしょうか。

 部首に「ツ」があります。
 検索すると、

部首索引:「つ、つかんむり」(漢字一覧)

 が見つかり、次のようにあります。

「ツ」は、ある種の複雑な字形の一部を簡略化するとき、符号的に用いられています。常用漢字では、旧字体で「單嚴勞榮螢營擧譽學覺巢獵」であった字形の一部が「ツ」に略され、「単厳労栄蛍営挙誉学覚巣猟」になっています。これらの新字体のうち、もとの所属部首に分類できなくなった文字をまとめるため、部首として「ツ部」が設けられました。


 それによると、
 難しい旧漢字の複雑なものを簡単にツに置き換えたのです。

 「學」は「学」に、「勞」は「労」、「榮」は「栄」になったのです。

 元々「ツワ」というのは無かったので、それをまとめて言う言い方もなかったのでしょうね。

 でも「ツワかんむり」というのがあれば便利です。そうすると

 「学」は「ツワかんむり」と「子」
 「労」は「ツワかんむり」と「力」
 「栄」は「ツワかんむり」と「木」

 と覚えれば、覚えやすいと思うのですがどうでしょうか。作ってしまうのです。

 そして、「愛」「受」「舜」の上の部分は「ノツワかんむり」にすればいいのではないかな。
 (ノツの部分で、「つめけんむり」というそうです)

  同じようなことを考える人もいるようで、「ツワかんむり」を検索すると次のページも見つかりました 。

じゃあ、営の部首はな~んだ? [知りたい!!]
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.