セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字「家」を学ぶ
 漢字の「家」は、小学2年で学びます。よく使われる漢字なので、早く学ぶのでしょうね。

 もうすっかり慣れてしまったぼくらにとっては、難しくない漢字です。

 でも、なにかとってもごちゃごちゃしていませんか。最初習うときは、混乱するのでは。

 ぼくはいま漢字の学習書を作っていますが、次の順序で学んだらいいかな、と思っています。

 まずは、漢字の一部として、「力」の一画目を学びます。カタカナの「フ」の字に「はね」がある形です。

 力、刀、方 などの一部に使われていますね。

 次に「はねありフ」に「ノ」をつけた「勹」。これは「つつみがまえ」という部首です。包、句、匂 などに使われています。

 そして、「勹」に、ノを2つ加えると、「勿(なかれ)」になります。人名漢字です。
 「勿論(もちろん)」などで使われますね。

 「勿」に「牛(うしへん)」 で「物」になります。

 その「勿」に「一、ノ、右払い」を加えると、「豕」になります。部首の一つで「ぶた・いのこ」だそうです。

 豚、象 などができます。

 この「豕」の上に「ウかんむり」をのせると、やっと「家」ができました。

 このように、

 「はねありフ」
→「勹(つつみがまえ)」
→「勿(なかれ)」
→「豕(いのこ)」
→「家」

 の順に学んだら、無理なく学習できるのではないかな、と思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.