セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字の学習のプログラム学習
昨日は漢字「家」の学習について書きました


 「はねありフ」
→「勹(つつみがまえ)」
→「勿(なかれ)」
→「豕(いのこ)」
→「家」

 の順に学んではどうか、というものでした。
 
 最近このようなことを書き出して思うことがあります。
 今、僕がやっているのは漢字の学習のプログラム学習ではないかと。


 プログラム学習というのは、課題をできるだけ細く分け、そしてスモールステップにして学習が進みやすくするという方法です。

 「家」という漢字に辿り着くまで、細かく一歩一歩進みやすくしていくということです。

 この学習書作り始めた頃は、成り立ちに沿って学ぶということを考えていただけです。

 もちろん、それは今も考えています。
 その中で、できるだけスモールステップにするということが自然に出てきたように思います。

 漢字の書き方の練習は、最初なぞり書きで始め、少しずつヒントを減らしていく工夫をしています。明日にでも紹介します。

 中学英語、そして算数、数学、理科の教材もプログラム学習で作ってきたつもりです。

 プログラム学習に出合ったのは、大学生のころですから、もう40年ほど前です。自己流で学んだのですが、すっかり僕の体にしみついているという感じです。

 プログラム学習では「即時フィードバックの法則」というのが不可欠です。
 つまり課題をやったら、それが正しいかどうかフィードバックがすぐに与えられるというものです。

 いま作成している学習書でも、漢字を5つか10学習をしたら、読み方、書き取りのテストをして、そして正解かどうかのフィードバックをするのも考えていきたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.