セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

google 翻訳の英文をたたき台に
 妻と2人で、しばらくカナダにいました。妻も僕も持病があります。地元の病院に行き、薬をもらわなければいけません。

 通訳をつけると1万円ほどかかるそうなので、通訳なしでやることにしました。

 正確に病気の状況を話し、薬をもらわなければいけません。前もって英作しました。

 まず日本語で伝えたいことを書きました。そして、 Google 翻訳でそれを英語に直します。その時に、できるだけ英語らしい日本語にします。「僕は高血圧です」ではなく、「僕は高血圧を持っています」にします。このように気を使いながら日本語を書き翻訳させるのですが、出てきた英文はそのままでは全く使い物になりません。

 それでも、たたき台としては十分に使えます。「高血圧」や「眼圧が高い」と言った専門用語は見事に英語にしてくれます。辞書を引くより早いし、スペルミスはゼロです。

 病院に行き、医者の前でその英文を読み上げました。カナダ人の医者は、静かに聞いてくれました。その後英語でいくらか話し、薬をちゃんとをもらうことができできました。ほっとしたものです

 将棋や囲碁で、人工知能がプロ棋士をやぶる時代です。そのうちにパーフェクトな翻訳ができるかもしれません。でもしばらくは英文を直すための英文法の力が必要です。

 ごくまれに英語でメールをやり取りすることがありますが、 google 翻訳の英文をたたき台にする方法でこなしています。


  きょうの琉球新報、声の欄に掲載されました。

スキャン_20170516

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.