FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

アメリカの子どもと同じように英語を学ぶ必要はない
 前の記事で,斎藤兆史著「これが正しい!英語学習法」から

 「みなさんは赤ん坊に戻れるわけでもなければ、戻る必要もない。(以下略)」を引用しました。

 似たようなことをぼくも書いています。沖縄タイムス2002年10月19日の論壇に掲載されています。





 「アメリカの子どもたちは文法を知らなくても、ちゃんと英語を話しているじゃないか」。英文法を教えている私たちに対するよくある批判である。「日本では、文法中心の英語を教えるから、中学から大学まで十年間学んでも英語が話せないんだ」と大抵は続く。

 アメリカの子どもは文法を学ばず、日本の学生は文法中心の学習をしている。そして、話す能力において、アメリカの子どもの方が日本の学生よりはるかに優れている。それは事実だ。私も認める。だが、そのことから、文法中心の教育は間違えていると結論づけるのは、論理的ではない。

 比較する場合には、ほかの条件はどうか、吟味すべきだ。まずは、学習時間。日本の学校では、学校や学年によっていろいろだろうが、一応英語の授業は週四時間。子どもによっては家庭、塾でも学習するだろうから平均で計週六時間の英語の学習時間とする。するとーカ月にニ十四時間,夏休みなどもあるか、単純に十二カ月としく二百八十八時間。

 一方、アメリカの子どもたちは、起きている間はすべて英語の学習時間だ。十時間睡眠として学習時間はー日十四時間。夏休みなどない。だから、三百六十五日で五千百十時間。

 教師も違う日本では、教師一人に対して生徒は三十人余。助手がつく授業であっても、その半分。一方、アメリカでは家庭教師がつく。それもー人ではない。お母さん役の先生、お父さん役の先生、おじいさん役・・・・。それも、みんな英語が達者な家庭教師だ。

 教育の場も異なる。日本では、基本的に教室だけだ。熱心な教師はカードの絵を見せながら単語を教える。一方、アメリカでの学習の場は無数だ。台所で、居間で、公園で、デパートで・・・。そして実物を使っての教育だ。実際にバナナを食べながらバナナの単語を教えてくれる。

 一方、アメリカの子どもたちは日本語を知らないが、日本の中学生は日本語をよく知っているという点も違う。さらに、アメリカの子どもは英語もまだ学習途上なので、言語能力か低く、抽象的思考が困難なのだが、日本の中学生は、日本語をかなり学んでおり、日本語による抽象的思考もできる、という点も異なっている。

 例えば、日本の中学生には「複数」「名詞」などといった文法用語を教えることは十分に可能だが、アメリカの三歳児にそういう文法用語を教えきれる人はいないだろう。

 このように、異なる点が多いとおのずと学習法も違ってくる。なお、アメリカの子どもは英文法を知らないわけではない。文法用語を知らないだけだ。例えば、「複数名詞の語尾にsをつける」ということはよく知っている。ただ「複数」「名詞」などといった用語を知らないし、そのようなことを理解する能力もないということだ。その代わり時間と教師に恵まれているので、実例を洪永のように聞かせて、体で覚えさせるという教育法でいく。一方、時間教師には恵まれないが、日本語能力、抽象的思考に優れている日本の生徒には、最初に「複数名詞の・・・」と文法を教えて、省力化をはかるわけである。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: 英文法と会話について
 「英語は逆から学べ」批判を書きました。

:http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-1230.html
selfyojji | URL | 2009/10/09/Fri 11:48[EDIT]
Re: 英文法と会話について
 「セルフ塾のブログ」の仲松庸次です。コメント,ありがとうございます。以下,2つの記事で回答いたしました。

http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-1207.html

http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-1208.html
selfyojji | URL | 2009/09/28/Mon 12:46[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/09/27/Sun 19:53[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.