セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

廿は革に、丗は帯に、卌は無に含まれる
 「十」は読めますね。もちろん「じゅう」で、算用数字の10.

 「廿」。これは常用漢字ではないので読めない人もいるかと思います。
20(にじゅう)です。

 そして、「丗」は、30(さんじゅう)です。

 漢数字、「一、二、三」は棒を横に並べたもの。昔は「4」も横に4つ並べたものだったそうです。

 それに対して「十」は縦に1本。それに印を入れ、長く変化して、十になったのです。

 そして、廿は縦に2本並べて、横に印。
 丗は縦に3本。

 分かりやすいですね。

 以上のことは、漢字の弱い僕もなぜか知っていました。

 さて漢字の学習書を作っています。漢字を分解して、どんな部分でできているのかを見ています。

 廿は「革」にふくまれていますね。成り立ちとは関係ないのですが。

 それでも、「革」は、廿+口+十 とすれば分かりやすい。

 丗は「帯」に含まれています。これも成り立ちとは無関係。

 さて、「無」を見ながら、これはもしかしたら40なのではないかと思って調べていたら、「卌」という字があったのです。意味は40。

 縦に4つ棒を並べて、一で印をいれたもの。

 これも「無」の成り立ちとは関係ないようです。

 「無」の成り立ちは

 大昔の字は、人が鳥の羽を持って踊る様子を描いたもの。舞さんの元になる字。神の前で舞を舞って「ないものをねだる」こと。そこから「ない」という意味になった(藤堂明保編「例解学習漢字辞典」)


 そういえば「舞」にも「卌」が含まれていますね。

 無の成り立ちと「卌」は関係ないのですが、
 「無 = ノ+一+卌+一+灬(れんが)」と分解することができますね。

 そうすれば覚えやすいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.