セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

母は女におっぱいがついた文字
 「女」という漢字は、なよなよとした女の人が座っている姿を描いた象形文字だそうです。

 「母」はその女におっぱいが2つ付いたもの。

 母というのは赤ちゃんに乳を飲ませるのですから、おっぱいがついて母を表すというのはよく理解できます。

 僕は小学生の頃、女と母はそれぞれ別々に覚えたものです。ただただ何回も書いて覚えました。多くの人がそうでしょう。だから漢字は嫌いでした。

 女の人を「くノ一」というのはだいぶ後で知りました。
 「くノ一」と覚えれば楽に覚えられますね。

 さて母の文字、点々をのぞいてよくよく見ると「くノ一」の「ノ」がが「7」になり、最後をはねるということだけがちがいます。

 「女」によく似ていますね。それにの乳首の点々をつければ母という字が出来上がりです。

 そのように考えると「母」の字も覚えやすいかもしれません。
女と母

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.