セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「並」は旧字体「竝」の方がよかったのでは
 漢字の学習書を作っています。

 漢字がどのような部品でできているのか、漢字の構成を知り、それを句にして覚えるという方法です。

 さて「並」。

 この漢字はどのような部品でできているのか説明するのは面倒ですね。
 「ソ一、たて棒2つ、ソ一」とでも説明するしかないでしょう。

 さてこの「並」の旧字体は「竝」です。

 漢字の苦手な僕でも「並」の字は読めるし、書けます。でも、漢字の学習書を作っていると、旧字体の方がよかったのではないかなと思います。

 旧字体「竝」は「立」が2つですね。

 だから「立と立が竝ぶ」とすればもう覚えたようなものです。

 画数は、竝が10画、並が8画。
 確かに新字体の方が旧字体より画数は少ないのですが、大したことない。

 「竝」でもそれほど難しくもない。

 旧字体の方がよかったのではないかな。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.