セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「界」の中に「介」を発見
  漢字の学習書を作っています。

 その漢字がどんな部品でできているのか、漢字の構成を考え、その部品を先に学んでから漢字を学ぶという学習書です。

 さて 「界」をよくよく見ていると、その中に「介」の 文字があるのを発見しました。

 そして「界」の成り立ちを見ると

 「介」は人と分ける印からできた字で、人が間に入って両側に分けること。それに田をつけて田畑を両側に分ける境目を表す


 とあります。

 やはり「界」は「田」と「介」からなった字だったのです。

 「界」は小学小学3年で学び、「介」は中学で学びます。

 僕らは「界」を学んでから「介」を学ぶのですね。
 「界」を学ぶときには「介」を知らないのですから、「界」の中に「介」があるのを気づかないのです。。

 「介」を学んでから「界」を学べば楽に学べると思います。「介(カイ)」が音符なので、 「界」の音読みも「カイ」だというのもいっしょに学べます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.