セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

≪金≫属らしさを≪失≫う ≪鉄≫
 漢字の学習書を作っています。

 鉄は「金を失う」と書きますね。なぜそうなのでしょうか。

 例解学習漢字辞典(藤堂明保編)には、鉄の成り立ちは次のようにあります。

 もとの字は鐵。右側は、土(元は大)と呈(まっすぐ)と戈(ほこ)とでできた字。まっすぐで大きな戈のことで、「よく切れてまっすぐにつき通る」という意味を表す。それに金をつけて「よく切れてつき通る金属」を表す。


 もともと「鉄」ではなかったのです。戦後、漢字を簡単にするために、
 鐵が鉄になったのです。

 「迭」「跌」は、どちらも「てつ」と読みます。{更迭(こうてつ)、蹉跌(さてつ)}

 それで、「失(てつ)」の音を借りて、鐵が鉄になったのでしょうね。

 だから、鉄は金を失うという意味はもともとはないのです。

 でも、字を見ると、「金を失う」「お金を失う」

 それで、縁起をかついで、「新日鐵、新日本製鐵」のように、旧字体を会社名に使うのですね。

 また、JRの正式名称は「日本旅客鉃道」だそうです。
「鉄」「失」ではなく、「鉃」「矢」になっている。
 妻はそれに気づき、間違った漢字を使っている、と思ったそうです。

 さて、ぼくは、成り立ちとは別に、漢字「鉄」の覚え方を考えました。

 鉄はすぐにさびます。理科用語でいえば、酸化します。酸化鉄になるのです。

 金属には、たたくと薄く広がる、引っ張ると細く伸びる、金属光沢がある。電気をよく通す、熱が伝わりやすい、といった性質があります。

 でも、さびるとそれらの性質を失います。ということで

 「≪金≫属らしさを≪失≫う ≪鉄≫」
 これですぐに覚えられますね。なかなか傑作。自己満足。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.