セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字「欲」の成り立ちと、英語のwant の語義
 漢字「欲」の成り立ちは次のようになっています。

 谷(あながあいている)と欠(かけている)とを合わせた字。心の中に穴が空いたように物足りないので、それを埋めたいと思う気持ちを表す。(藤堂明保編「例解学習漢字辞典」)


まあまあ理解しやすいですね。そのままその真説を使おうと思います。

 それで僕が考えた覚え方は次の通り。

覚え方:谷のように欠けたところをうめるのが欲しい。

 さて、英語の「欲しい」は、wantです。

 そのその説明は次の通り。

 

1、完全ではなくかけていること
 2、欠落があればそこを埋めて満たしたくなるのが自然。欲する。
  (図解英語基本語義辞典から)


 漢字「欲」と英語のwantがとてもよく似ています。

 基本的に同じだからでしょう。

 心理学でも、人間の行動はそのように説明されます。

 例えば、長い間食べていない。
 そうするとそこが欠落してしまうので、そこを埋めたくなる。
 満たしたくなる。
 そこがそれが食欲という欲求です。
 
 それを埋めるために行動するのです。
 そして、食べ物にありつけたら、欲求が満たされ、満足するのです。

 漢字「欲」の成り立ち、英語wantの語源もそこをそこがきちんとおさえているのです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.