セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

歓迎  遺伝学会、優性を「顕性」、劣性を「潜性」に
 今朝の琉球新報に次の記事がありました。

遺伝学会「優性」「劣性」やめる 誤解避けるため言い換え


 日本遺伝学会(会長、小林武彦東京大教授)は15日までに、長年使ってきた「優性」や「劣性」との用語を使わず言い換えることを決めた。遺伝子に優劣があるとの誤解を避けるため。教科書の記述も変更するよう、関連学会とともに文部科学省に要望書を提出する。

 遺伝学では100年以上にわたり、遺伝子の二つの型のうち、特徴が現れやすい遺伝子を「優性」、現れにくい遺伝子を「劣性」と呼んでいた。今後は優性を「顕性」、劣性を「潜性」と言い換える。


 その決定をぼくは歓迎いたします。

 前に

「優性遺伝子」「劣性遺伝子」より、「顕性遺伝子」「潜性遺伝子」

 を書きました。

 「優性遺伝子」の「優」には、「すぐれている」、「劣性遺伝子」の「劣」には「おとっている」という意味があり、それで判断してしまいがちです。
たとえば、 丸い顔は、長い顔に対して優性だそうです。でも、丸い顔がすぐれている、長い顔が劣っているということではありません。

 丸い顔の方が表れやすいということですね。

 そういうことで、
 今後は優性を「顕性」、劣性を「潜性」と言い換える。
 という日本遺伝学会の決定を歓迎します。

 これで、中学生も誤解することなく、学ぶことができますね。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.