セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英語の「現在完了」の用語の変更を
昨日は

歓迎  遺伝学会、優性を「顕性」、劣性を「潜性」に

 を書きました。

 「名は体を表す」といいますが、表していないときには、名を改めるべきだ、ということです。

 さて英語の用語に直して欲しいのがあります。これまで何回も書きましたが、「現在完了」という用語です。

 これは 名が体を表していません。

 現在完了というのは、現在を中心に過去のことも含んだ内容を表す文です。
 過去が現在に影響している、それを表現する文です。

 大きく分けて、完了、経験、結果、継続の4つの用法があります。

 その中には完了の用法もありますが、継続などもあります。

 例えば「私は3年前からここに住んでいる」という時、これは現在完了ので表現しますが、完了していません。現在も住んでいる、継続しているということです。

 英語を学習する時には、その用語の名に影響を受けます。

 現在完了というのだから、現在が完了している文なんだろうなと思いながら学習をする。すると、名と体が不一致なので混乱してしまう。

 学習するものが混乱しないような用語にして欲しいのです。

 そういう意味で、遺伝学会が優性を「顕性」、劣性を「潜性」に変更することにしたのはとても良いことです。

 それで「現在完了」を「現在中心」として欲しいのです。

 そのことを以前あるネット上の教育グループで議論したことがあります。

 ほとんどの人が内容については賛成するのですが、いざそれを変更するとなると抵抗するのです。

  自分たちは「現在完了」という用語で学習をしてできるようになった。だからこれからの生徒もそれで良いんではないか。

 変更するのは無理ではないか。
 もう慣れてしまったから、そのままでも・・・
 今更・・・。

 という意見が多かったです。

 こういうのは、これから学習する人の立場に立って考えてもらいたい。

 変更すればそれは定着します。

 昔「成人病」という用語だったのが「生活習慣病」に変更され、定着しました。

 これまで定着していることでも、変更するのはそれほど難しいことではないはずです。

 要は、これから学習するものの立場に立つことができるかどうかです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.