セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

貝はお金を意味する。 もう一歩先に、
 漢字の「貝」はお金を意味するんだというのは、学生のころから知っていました。だれだったかは分かりませんが、学校の先生から教わったのだと思います。

 これだけでも、けっこう役に立ちます。でも、もう一歩進めばよかったのに、と思います。

 部首が貝の教育漢字は、
貝、負、財、貨、責、貴、貧、賀、貸、貯、買、費、資、賃、賛、質、賞。

 貧は、貝(お金)を分けると、貧しくなる。
 貸は、持ち主が代わる、貝(お金)を貸すと。
 貨は、いろんなものに化ける貝(お金)は、貨幣。
 賃は、任せたことに支払う貝(お金)が、賃金。
 資は、次々に貝(お金)をつぎこみ、資金にする。
 賀は、加えた貝(お金)で、賀する(よろこびいわう)。
  買の罒は、「あみ」のことです。これも覚えたほうがいい。
 それで、
 買は、罒(あみ)ですくうように貝(お金)で、買う 。
 クの字に曲がって、貝(お金)を負う。
 貯の宁は、ものをたくわえる箱。
 それで、貯は、貝(お金)を宁(ものをたくわえる箱)に入れて、貯める。

 以上は、漢字の成り立ちにほぼそった説明です。

 のこりの漢字は、説明が複雑で一筋縄ではいかない。こじつけ説明でやるしかないかな。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.