セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

民進党、自由党は何をしているんだ
 国会が解散し、民進党、自由党が小池の希望の党に吸収されそうです。

 今回のゴタゴタで、共産党、社民党は一貫しています。

 自由民主党もある意味で一貫しています。強いものの味方で、弱いものの敵です。

 今回の安倍首相の国会解散はとてもずるいと思います。でもそれは横に置いておいて。

 問題は民進党と自由党です。

 国会に出された戦争法案にずっと反対をして野党で統一行動をしてきました。でも、それが成立。

 その後は選挙で政権を倒して戦争法をなくそうという方向に進みました。

 参議院選挙など、野党の選挙協力は大きな成果をあげました。

  そして衆議院議員の選挙で野党が統一し勝利すれば目的は達せられるかもと期待していました。でも、そう単純ではなかった。

 民進党の議員が次々に離党しました。民進党では勝てないと思ったのでしょう。

 それでも、前原民進党、小沢自由党が小池の希望の党に行くと言うのは合点がいきません。

 希望の党は戦争法に賛成です。

 この間、民進党、自由党が戦争法に反対してきた行動は何だったのか。とにかく強いところに行き、選挙に勝てば良いということなのだろうか。

 まあとにかく民進党、自由党がそういう行動に出るのなら、どうすればいいのか。

 共産党は一つ一つで共闘が組めるかどうか検討するようです。そして小池氏の希望の党には対抗候補をぶつける。

 それでいいのでしょうね。今回の選挙では、戦争法は変わらないでしょうが。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.