セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字の音読みは発音、読みは日本語訳
 漢字には、音読みと訓読みがあります。

 音読みは発音で、訓読みは日本語訳だということに気づきました。

 そのような説明が分かりやすいと思います。

 まず英語の例を。

 英語の単語 mountainを 見せられた日本人は、
「これはなんと読むのですか」と問います。

 すると英語で「ペラペラ」と答えたので、日本人には「マウンテン」と聞こえました。それでmountainの発音は「マウンテン」だとわかったのです。

 次に「これは何という意味ですか」と問います。

 すると、
 「陸で高いところ・・・・・」とか、指でさして「あれがマウンテンです」と答えたりするでしょうね。

 それで日本人は、マウンテンが「やま」のことだと知るのです。

 次に、漢字の場合。それも同じだったのでしょう。

 「山」という漢字を見たとき、日本人が中国人に「何て読むのですか」と問いかけます。

 すると中国人は「『サン』と言うんだ」と答えます。

 「山」は「サン」と読むということを日本人は学びました。

 そして「それは何という意味ですか」と問いかけます。
 中国人の説明で「やま」のことだと分かるのですね。

 話し言葉で「やま」と言うのは日本にもあったのです。

 ここで英語の場合と違うのは、漢字が伝わったときには文字がなかった、ということです。

 英語の場合には、漢字、かなを日本人は知っていました。

 でも中国の漢字が朝鮮半島を通じて伝わった時、日本には文字がなかった。

 文字と一緒にその読み方、意味も伝わってきたのです。

 それでそのまま山を「サン」とも「やま」とも読むようにしたのです。

 日本語訳の「やま」を「山」の読みの一つにもしたのです。

 このように、音読みは発音、訓読みは日本語訳、意味なのです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.