FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字の練習ノート 、書き方、書き順よりも漢字の形を優先 
 教育漢字の練習ノートを作っています。漢字を構成する部品を学んでから、その漢字を学ぶというもの。

前にも書いたと思いますが、僕は漢字の書き方、書き順よりも、漢字の形を優先させています。つまり、どんな 形の漢字になるのかをまず覚えて、それから書き方、書き順を覚えるという方式にしています。

例えば、「里」。
この字は、田と土でできていますね。実際に「里」の成り立ちを見ると、田と土でできているという説明が出てきます。

ところが書き方としては 田と土ではないですね。田土という書き順だと学校のテストでは間違いになります。

 日を書いてそして縦の線を下まで伸ばします。そして、ニの字を書きます。

それでも里の漢字を覚えるには、田と土でできているというのを覚えた方が楽なのではないかと考えて、その方針で作っています。

もう一つ例を。「重」。
これは 千と里でできています。
成り立ちはその通りではありません。でも、形としてはそうなのです。

そのようにして「重」を覚えて、それから書き順、書き方を覚えれば良いのではないか。

もちろん 書き順、書き方も正しく最初から覚えればいい。でもなかなかそれがうまくいかない漢字が多いのです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.