FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

タブレット、軽いタッチができず、長押しをしてしまう
 最近パソコン教室に新しい生徒が入りました。

  以前からの知り合い、僕と同年配の女性の方です。パソコンはまったくの素人です。

 持ってきたパソコンは、小さなもので、タッチパネル方式にもなります。タブレットのような感じ。

 これまで全く初めてパソコンに取り組む人を数人指導したところ、マウスを使うのが難しいようでした。

 それでタッチパネル方式ができるならということで、画面にタッチする方向で指導しています。

 でも、そのタッチをするのも難しいようなのです。

 軽くタッチをするようにと言うのですが、どうしても長押しをしてしまいます。

 ずっと押さないで、軽くをタッチするんですよ、と説明し、やってみせるのですが、なかなかうまくいきません。

 頭では分かっているようですが、なかなか手がうまく動かないようです。

 僕も辛抱強く指導しています。繰り返しやって、慣れるしかないでしょうから。

 その話を妻にすると、
あなたが考えているほど簡単なもんではないよ。私も最初は長押しをしてしまったから、と言います。

 そういえば、妻にスマホのカメラでシャッターを切ってもらったことがありますが、シャッターを長押していました。

 すると連写になってしまうんですね。それを妻は何度もやってしまっていました。

 なるほど軽くタッチも難しいんですね。

 つい、しっかり押そうとするのだそうです。

 僕はどうだったかなと振り返るのですが、あまり記憶がありません。

  学習塾をやっているころもそうでしたが、こちらが予想しないことを生徒はやってしまうことが多いです。だから、実際にさせてみるというのはとても大切だな、と思っています。

 学習塾でいろんな生徒に鍛えられたので、気長に指導することが自然にできるようになっています。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.