FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

戦前は親の許しがなければ結婚できなかった
 NHK朝のドラマ 「わろてんか」を毎朝見ています。

  主人公のおてんさんと藤吉 はお互い好き合っていますが、 親は結婚に反対しています。

  親が反対しても、自分たちでの意思で結婚すれば良いではないか、と僕などはつい思ってしまいます。

  でもちょっと立ち止まって考えると、戦前はそれが出来なかったのですね。

  「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」というのは、戦後の日本国憲法で決まったこと。

  戦前の大日本国憲法では、結婚は親の許しがなければできなかったのです。

  そういうことも考えながらドラマを見ないといけないのかな。

 そういうことを子どもたちに考えさせるように導くこともできるでしょうね。

  両性の合意でのみで結婚ができるというのは僕らにとっては当たり前のことで、良いことです。

  日本国憲法は良いことがたくさん書かれています。
 第9条もそうです。 簡単に「改正」して欲しくない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.