FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

日秀上人イン金武 
 沖縄の金武での 日秀上人の足跡を訪ねる ツアーにS吉君からお誘いがありました。

 日秀上人については次の通り。ウィキペディアからです。

日秀 (真言宗)

1503年、加賀国または上野国に生まれる。
19歳の時、高野山で修行。
紀伊国の那智から補陀落渡海を行うが、琉球に漂着し現地の住人に保護される。のち、金武の富花津に観音寺を建立。琉球王国金武のフナヤ(富花港)に流れ着いた日秀は、金武にある鍾乳洞を拠点とし布教活動を行い、観音寺を創建したと伝えられる。
 琉球において真言宗と熊野信仰を広め、波之上宮の再興や、弥陀・薬師・観音三像を作り護国寺に祀り、法力で妖怪を退治したという。現在の沖縄県浦添市の地名「経塚」もまた、日秀に由来すると伝わる。その他各地に日秀に関する伝承が残されている。

 S吉君はこの日秀上人の小説を書いています。 その原稿を読ませてもらいました。とても面白いです。

 それでそのツアーに 参加しました。
  首里高校の同期生5人と一期後輩1人の 合計6人のツアーです。

  まず 日秀上人が流れ着いたと言う 金武の福花(ふっか)の 浜に行きました。 少し沖の方には 岩が並んでいます。
IMG_20171209_150406.jpg

  船がここに漂着したというイメージが浮かんできます。

  近くには日秀上人が数日過ごしたという洞窟もあります。
IMG_20171209_151149.jpg

  その後 就労支援センター どりーむに寄りました。

  ここにはS吉くんが作ったお地蔵様が備えられています。
 そう、S吉君は陶工なのです。
IMG_20171209_152353.jpg

  そこから 日秀上人が 建立したと言われる 金武観音堂に。

  そこにS吉君が寺に寄贈したという 梛の木が植わっていました。
IMG_20171209_153824.jpg

梛(ナギ) | 梛の木について

熊野詣が盛んであった中世、参詣者は、熊野三山それぞれにて先達(せんだつ。熊野詣の案内人。山伏が務めました)から梛の葉を手渡されました。


 S吉くんの家にも その梛の木がある そうですが、葉の形がなぜか違うと、彼はとても不思議そうにしています。

  金武町観音堂を見物後、近くにある鍾乳洞へ。
IMG_20171209_155050.jpg

  彼の小説ではこの鍾乳洞に 大蛇がいて 村人を苦しめていて、それを日秀上人が 退治したことが書かれています。

  そしてその洞の近くに観音堂を建立したとのこと。
IMG_20171209_160035.jpg

  S吉君はその辺りについてとても詳しく、色々説明をしてもらいながら見学しました。 有意義な一日でした。

  その後は首里のふれあい居食家志乃ぶで、楽しく語らいあいました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.