FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

アマチュアの作品がプロの作品より良い時がある
 先日高校時代の同級生K男くんの家に行きました。
  彼がミニシアターを作ったというのでその見学です。

  素晴らしいものでした。 170インチのスクリーン。
 それに プロジェクターで映像を映します。DVDでアニメ「君の名は」をやってくれました。
 かなりいい感じで 映し出されていました。
IMG_20180210_220942.jpg

  音響もこだわっています。 いい音が聞けました。 後ろの方にもスピーカーがあり、かなり立体的で、迫力もあります。

  僕は評価する力はないのですが、とてもいい感じに思われました。

  日頃テレビでしか映画も見ないので、その迫力に圧倒されました。やはり感じがちがいます。

  さてアマチュアの作品はプロの作品よりもいい時があると言われます。

 ここで定義をはっきりさせます。
 プロ(プロフェッショナル)とは「職業的な」という意味。それに対してアマ(アマチュア)というのは 「職業的ではない」ということです。

  プロフェッショナルには「専門家」アマチュアには「素人」と言う 意味もありますが、それは派生的なものでしょう。

  職業的というのは、お金をもらってその仕事をしている人、アマチュアはお金を貰わずに行っています。

  アマチュアは、金儲けではありません。 自分のやりたいようにやる。
  だからかなり高価なものでも自分の 気に入ったものを使います。

 それに対してプロフェッショナルは 採算を考えます。 安く仕上げようとします。 できるだけ安くして支出をおさえ、収入を増やすことを考える。

  アマチュアは趣味的ですだから 採算は考えないで、いいのを使うことがあります。

  それでプロフェッショナルよりもアマチュアの方がいい作品ができたりするのですね。

 K男くんは技術的にはプロ級かな、と思います。でも、自分の趣味のためにだけミニシアターを作ったのだそうです。

 アマチュアだからできるものではないかなと思いました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.