FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

AI (人工知能)は わかったふりがとても上手
 昨日は AI は読み取り能力が全くないということを書きました。

  でも AI はわかったふりがとても上手なのです。
  スマートフォンに向かって「吉永小百合は何歳ですか」と声で尋ねると
「吉永小百合は73歳です」と見事に声で答えてくれます。

 その他、 いろんなことを的確に答えます。

  これは、ちゃんと意味が分かっているんではないかと 思ってしまいます。

  でも全く意味は分かっていないのです。

 「吉永小百合」と言うと僕らはあの美しい顔を思い浮かべます 。そして映画での演技、「いつでも夢を」の歌声も 思い浮かべます。

  でも AI はそんなことは全くできません。

 「吉永小百合」という字面だけに反応しているだけです。
  そして「吉永小百合」「何歳」ということだけに反応して、 ビッグデータの中から「73歳」という答えを出すだけです。

  そういうのをさせているのが人間なんですね。
 「 バカとハサミは使いよう」と言います。 その馬鹿である AI を 見事に使いこなして、わかったフリをさせているのです。

 「AI vs. 教科書が読めない子ども達」にあったので僕も試してみました。
 スマートフォンに向かって
「近くのイタリア料理のレストラン」と尋ねると、 見事に近くのイタリア料理のレストランを表示してくれます。

  次に
「近くのイタリア料理以外のレストラン」と尋ねました。 すると、先ほどと全く同じ「イタリア料理のレストラン」が紹介されるのです。

  「イタリア料理以外のレストラン」と 尋ねると、 その他の中華、和食、フランス料理などのレストランを紹介すべきですね。

  AIは、全く意味がわかっていないのです。
 ただ「イタリア料理・レストラン・近く」という言葉だけに反応しているということです。

 それでも分かったふりはとてもうまいのには感心します。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.