FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

小学校の 英語教育よりも、AI に負けない読み取る力を
 これまで次のようなことを書いてきました。

AI(人工知能)は、読み取る能力が全くない。
しかし、分かったふりがとても上手である。
子どもたちの読み取る能力は AI より優れているとは言えない。


「AI VS 教科書が読めない子どもたち」には次のようにあります。

経済界には「小学生のうちから英語を」「中学高校の授業でコンピュータープログラミングを」などと、主張されている方々が多くおられますが、現場を知らないから、そのようなことが言えるのだと思います。


全く同感です。
英語も大切です。しかしそれ以上に日本語の読み取る能力が大切です。
小学校で英語の授業をするということは、国語、算数など他の科目の授業が削られるということです。

英語が少しできるようになっても、国語である日本語を読み取ることができないのでは、本末転倒です。

英語の授業よりも、読み取る能力をつける授業を多くしてもらいたい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.