FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

AI (人工知能)とベーシックインカム、 ワークシェアリング
  AI(人工知能)によって格差がさらに広がることを書きました。 僕はそれではいけないと思います。 だから 政治を変えてそれを是正しなければいけない。

  ではどうすればいいのか。
 まず考えられるのは「ベーシックインカム」です。

  ベーシックインカムの ベーシックというのは「基礎」、インカムは「収入」のことです。 「基礎所得保障」などと訳されています。

  これは国民全体が 基本的な収入を国から得るというもの。

  例えば誰でも毎月20万円 国からもらえるとするのです。

  そうすれば生活は安定する。 さらに良い生活がしたいのなら 自分で働くのです。

  財政的に大変ではないかと思われますが、 AI が導入されればそれだけの経済力は 着くはずです。

  AI を導入して経済的に豊かになった企業から税金として納めてもらえばいいのです。 計算的には十分できると思っています。

 夢みたいな話ですが、スイスでベーシック・インカム(BI)導入について2016年に国民投票行われています。結局否決されましたが。

  ただ 何もしないでもお金が入ってくるとなると 、意欲もなくなるし、社会も発展しなくなるでしょうね。
  僕は問題があると思っています。

 それで「ワークシェアリング」の方が良いのではないか。

 「ワークシェアリング」というのは「仕事の分かち合い」ということです。

  現在の日本では 時間外労働が多くて 過労死で自殺する人がいる一方で、働く意欲も働く能力もありながら、 仕事に就けない人がいます。

  だから 10時間働いていた人の仕事を2人で分け合い、それぞれが5時間働けばいいです。

  そこで収入が半分になるのであれば、単なるパートタイマーです。

  そうではなくて収入も 10時間働いていた人の分を2人とも受け取るとします。 十分に生活ができる所得です。

 これも AI が導入されれば十分にやっていけるはずです。

  要は 一部の大金持ちに富が集中するのではなく、それを国民全体的に分け合うというもの。

 AIの発達によって国民全体が潤うようにします。

 それができればいいですね。 そういう運動を進めて政治を変えれば、 AI によって未来は 明るくなるはずです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.