セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

おおくの人に見てもらいたい『OKINAWA1965』
  5月21日、読谷村文化センター鳳ホールで上映された『OKINAWA1965』を見ました。よかった。多くの人に見てもらいたい。
記録映画『OKINAWA1965』公式サイト

  正直言って、 映画の編集と言うか技術というか、そういう点では二流の映画だなと思います。

  僕らは毎日のようにテレビでドキュメンタリー番組を見ます。 それらの番組は何台もの カメラを使い、何人ものスタッフ、そして多くのお金をかけて作っています。それに比べると見劣りします。

 ただそのマイナスを上回る ものがこの映画にはあります。

  この映画で 沖縄のある面を 理解することができるはずです。

  今、辺野古に新基地が作られようとしています。 それに多くの県民が反対している。 その背景が少しはわかるはずです。

  この映画は平和行進に参加していたカメラマン嬉野京子さんが、 米兵の目を盗んで撮った一枚の写真を中心に描かれています。
  幼い女の子が 米軍車両によって轢き殺された現場の写真です。
okinawa1965.jpg

  沖縄ではそのような事故がよく報じられました。

 それの背景にある沖縄の現実、 伊江島での闘争などなど。

  沖縄の現実を考える上で、いい映画だと感じています。多くの人に見てもらいたい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.