FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ジャレド・ダイアモンド著「若い読者のための 第三のチンパンジー 人間という動物の進化と未来」
  ジャレド・ダイアモンド博士の 「第三のチンパンジー」を読みました。とても良かった、おすすめです。


  僕はダイヤモンド博士の 「セックスはなぜ楽しいか」と 「銃・病原菌・鉄(上)」はだいぶ前に読みました。

 「銃・病原菌・鉄」上巻が面白かったので、下巻も注文して手に入れたのですが、 なんとなく読んでいませんでした。

 「セックスはなぜ楽しいか」は少しいやらしいタイトルをしていますが、完全に学問的な本です。
 文庫化する時に 「人間の性はなぜ奇妙に進化したのか」になっています。 変な風にとる人が多かったので タイトルを変えたのでしょう。

  Eテレでダイヤモンド博士の番組があったので見ました。 その中でこの「第三のチンパンジー」のことを知ったので、 早速買って読みました。

 この「第三のチンパンジー」、とてもスケールの大きな本です。

 科学的、 学問的な ものだと思って、 僕は読み始めました。
 もちろん科学的な立場から ダイヤモンド博士は書いています。
 なぜ人間がこのように進化してきたのか、ということが科学的に分かります。

 でも、それだけに止まりません。
  博士は、人間の現在、そして未来まで見据えて います。

  宇宙人との遭遇、ジェノサイド(大量殺戮)そして、人間による環境破壊、種の絶滅。

 人間の未来はどうなるのかまで、この本の内容は広がります。

  博士は、科学者であり哲学者なのですね。人間、地球のことを本当によく考えている人だなと思います。

 いろんな意味で勉強になります。内容について、これからいくつか書きたいと思います。おすすめの本です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.