FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「妻」、「夫」の意味で、「お母さん」「お父さん」という人
  これは全国的な傾向かは分からないのですが、僕の周りには妻という代わりにお母さん、夫という代わりにお父さんを使う人がいます。

  もうだいぶ前のことで記憶もはっきりしないのですが、僕が40歳前の頃だと思います。

  外から帰ってきた妻が言いました。
 「お父さんは元気?」 と聞かれたから、私の父親のことかと思ったら、あなたのことだった。

 「お父さんは元気?」というのは 「あなたの夫は元気?」という意味だったのです。

  僕も、その後よくあります。
 「母ちゃん、元気?」と言われるので、 この人は僕の母を知らないはずだが、と考えていると 妻のことを言っているのですね。

  日本語というのは、年が若い人の立場に立って 代名詞を使いわけます。

  自分の父親の事を、子どもの立場に立って「おじいさんはね」と言ったり、 娘のことを「お母さんはね」と言ったりします。

  文字通りそれを グランドファーザー、マザーだと思うと全く意味が分からなくなります。

 レストランで
 年老いた人が、若い女性に「おかあさん、そこのしょうゆをとって」と言った。
 それを見た外国人は、あの若い女性があの年寄りのお母さんなのか、とびっくりしたとのこと。

 僕ら夫婦には子どもがいません。 だから お父さん、お母さんと言われることは まずありません。
 でも、40歳くらいになると普通は子どもができて、お父さん、お母さんの年齢だからでしょうね。

 まぁ最近はだいぶ慣れて、「はい元気です」とすぐに答えていますが。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.