FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字の音読みも楽に学ぶ
 漢字練習ノートをつくっています。似た文字がつづくようになっています。

 例えば、
寺、時、持、特、詩、待、等

の順で学びます。
「寺」がつく漢字て、へんやかんむりが変わるだけだ、ということで覚えやすいと思います。

 でも、それだけではありません。
 寺、時、持、詩、待の音読みは、すべて「ジ」です。「寺」がつくと音読みは「ジ」になる傾向があるということが分かります。
 特の読みは、「シ→トク」、等は「シ→トウ」になったという説明が辞書にあります。少し無理があるように感じますが。

 (戠)、識、織、職
 でも、「戠」がつくので、織、職の読みは「ショク」。
 識は、「ショク→シキ」とのこと。これはまあ似ている。

 可、何、荷、河
 は、すべて「カ」

 古、苦、固、個、故、(胡)、湖、のうち、
 古、固、個、故、(胡)、湖は、古がつくので、音読みは「コ」。

 苦は、「コ→ク」だそうです。

 学ぶ順序を変えて、似た漢字を集めれば、音読みも楽に学べます。


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.