FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字の熟語の構成、訓読みがなければ意味で攻める
 漢字の練習ノートを作っています。
 漢字の練習のために 熟語を上げ、そして熟語の構成がわかるようにしています。

  例えば
 

登山(←)山に登る
 美人(→)美しい人
 善悪(⇔)善い、悪い


 のように訓読みで読めば 漢字の熟語もわかりやすいという方法です。

  さて翌日の「翌」は 「あくる」「その次」という意味です。

  だから「翌」に「あくる」という訓読みがあれば、「翌(あ)くる日」になっていいのですが、 翌日には訓読みがありません。「ヨク」という音だけです。

  「翌日」を「ヨクのひ」といっても意味はよくわかりません。

  それで、ぴったりの訓読みがなければ、その意味を教えてあとで、意味をすぐに持ってくるようにしました。

  翌日(→)あくる日


 とするのです。

 「本日」の「本」もそうです。「本」には「もと」という訓読みがありますが、「もとの日」では分かりません。

 本には「この」という意味があります。

 本日(→)この日


 として、意味から攻めるようにします。

 店員の「員」には「かず」と言う 訓読みがありますが、「店のかず」では意味が違ってきます。

 員には「ひと」という意味があり、
 

店員(→)店のひと


 で意味が分かります。

  このように訓読みでぴったりしたのがなければ、 訓読みにこだわらず、すぐに意味をひらがなで書き出すということにしています。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.