FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

セルフ宿「農林漁業体験宿泊に限る」とは
 昨日のブログに書きましたが、「旅館業許可証」が交付されました。
 その中の 許可条件に 「農林漁業体験宿泊に限る」とあります。 それについて説明します。

 セルフ宿に泊まる場合には、 ゴーヤーチャンプルー、ポーポー、ナーベーラーンブシー、ソーメンチャンプルーなど沖縄料理の調理体験を1度はすることが条件になります。

  そのような形にしないと許可が出なかったのです。

 以下は、メモしたり資料が手元にあるわけではなく、記憶で書くのでそのつもりで読んでください。

  沖縄県中部保健所に相談に行った中で色々出て、そこで家全体の広さのことが出ました。100平方mだったと思いますがそれ以上あるかどうかが 問題になりました。

  ぼくの家はどうもそれをはるかに越えていそうです。そうなると 家は 住居目的 のもので、 宿泊業をするには 用途変更をしなければいけないとのこと。

  用途変更となると かなり面倒そうです。

  そこで 保健所の方のアドバイスがありました。
 そういう時には 農林業体験宿泊にすれば条件が クリアできるとのこと。

  でも僕は畑仕事など農業をしているわけではありません。もちろん林業もしていません。無理だなと思っていると、

「農産物の加工又は調理の体験の指導」ということでたいていはクリアしていますよ、と言います。
 「サーターアンダギーやゴーヤチャンプルーなど沖縄料理をいっしょに体験し、その作り方を指導すればいい」と言うのです。

 妻は料理は結構上手です。 ただサーターアンダギーは駄目です。 前に作ったのを食べましたが 固すぎて歯が立たない。
 また揚げ物は台所が汚れると言ってやろうとしません。

 ゴーヤーチャンプルー 、ナーベラーンブシー、ポーポー、ソーメンチャンプルーなら大丈夫、 それならやれるということで 「農林業体験型宿泊」ということで認めてもらったということです。

  だからセルフ宿に泊まる場合には、 1度は その体験をしなければいけません。よろしく。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.