FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

X 染色体と Y 染色体
  黒岩麻里著「男の弱まり 消えゆく Y 染色体の運命」(ポプラ新書)を読みました。面白かったです。

 その中に、日本の天皇と Y 染色体の話がありました。 とても面白かった。

 その話を書こうと思いますが、その前に X 染色体と Y 染色体の話を今日は書きます。性がどのように決まるか、つまり男性になるのか女性になるのかはどのように決まるかという話です。

  これはよく出る話なので知っている人も多いと思います。でも日本の天皇と Y 染色体の 話を理解するには必要なので、 まだ知らない人のために僕なりに書きます。

  DNA というのはもう皆さんよくご存知ですね。 遺伝子とは少し違いますがまあ似たようなもんだと思っていいでしょう。
  DNA が乗ったものが染色体と思っていいです。 色が染まりやすい紐のようなものなので 染色体といいます。

  人間にはその染色体が23対あります。 その中の1対が性染色体です。 男性か女性かを決める染色体です。
  性染色体には X 染色体と Y 染色体があります。

  X 染色体を二つ持っている人は女性になります。 X 染色体一つと Y 染色体一つを持っている人は男性になります。

  XX は女性で XY は男性です。

  この染色体は 卵子や精子になる時に、二つに分かれます。

  女性の XX 染色体は二つに分かれて、 X 染色体の卵子と X染色体の卵子になります。どちらも X染色体です。

  男性の XY 染色体は 二つに分かれて 、X染色体 の精子と Y染色体 の精子になります。 精子には X と Yの 精子があるのです。

  そして精子は泳いで行って卵子に合体します。 受精です。
  X 染色体精子が受精すると X 染色体と X 染色体が一緒になるので XX で、女性になります。

  Y 染色体精子が泳いでいって卵子に合体すると XYになり男性になるということです。

 簡単に書くと、
 女性は XX を持っていて、その一個を子どもにあげる。男性は XY を持っていてその一個を子どもにあげる。

  お母さんからはいつも X をもらいますが、お父さんからは X をもらう子とYをもらう子がいます。

  お父さんから X をもらった子はお母さんからもらった X と一緒になって女性(XX)になります。

  お父さんから Y をもらった子はお母さんからもらった X と一緒になって XY で 男性になるということです。

 お父さんからもらったのがXなのかYなのかで性は決まるのです。女性からもらうのはいつでもXなので関係ない。

  理解できたでしょうか。
 理解できたら、明日をお楽しみに。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.