FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「セルフ学習公民」の7大特長
 「セルフ学習」は,セルフ塾が作成した社会の学習書です。

 セルフ学習「歴史」の最初のページをPDFファイルアップしました。

 ご覧になりたい方は,次の「PDFファイル」をクリックしてください。
そして,次に「3セルフ学習「歴史」 」をクリックし.そして「ファイルを開く」をクリックしてください。
PDFファイル

 「セルフ学習」の特長を以下に述べます

「歴史」「地理」も基本的に同じです。


① 文英堂の「くわしい公民」に完全準拠
 伊藤光利編「くわしい公民」(文英堂)は名前の通り、とてもくわしい良い参考書です。しかし、中学生に「くわしい公民」だけを与えてもなかなか学習が進みません。「セルフ学習公民」は、「くわしい公民」に完全準拠しているので、「くわしい公民」を完全に学習することができます。

② 楽に楽しく独学ができる
「セルフ学習」の問題は、「くわしい公民」の当該ページを読むことで、とても簡単に解くことができます。学習をするものにとってはとても楽な学習です。教師、指導者がいなくても一人で学習することができます。「くわしい公民」を読むだけより、問題を解くという作業をしながらなので、楽しく学習が進みます。

③ 理解しながら学べる
「くわしい公民」は、くわしく説明されているので、「セルフ学習」と「くわしい公民」で、よく理解しながら学習が進みます。「セルフ学習」の問いを読み、何を問われているかを考えながら、「くわしい公民」を読んで解答を探すので、理解が深まります。

④ 一問一答方式で、何をすべきかはっきりしている
 すべて一行から数行の短い問題に答えるという「一問一答方式」で、書き込み式になっています。それで、教師などの指示がなくても何をすべきかはっきりしていて、学習がスムーズに進みます。そのため、教師はいなくても「くわしい公民」「セルフ学習公民」と鉛筆だけで学習が進みます。

⑤ 重要語を書く
 「書く」という作業はとても大切です。重要語は書いてこたえるようになっているので、書くことにより、重要語を記憶することができます。

⑥ 学習計画が立てやすく、チェックがしやすい
すべてのページが一問一答方式になっていて、問題の難易が似通っているので、1回のノルマ(課題)を決めやすくなっています。セルフ塾では、週3回、1回3ページをノルマにし、それを終わったら公民の課題は終了としています。
 宿題にも適しています。「セルフ学習を3ページ宿題にします」と告げるだけ、やったかどうかも簡単にチェックできます。

⑦ 繰り返し学習
 「くわしい公民」は、本文のほか、「ポイント」「教科書のまとめ」「テスト直前チェック」もあり、それらはすべてセルフ学習に組み込まれています。だから、重要な事項については4回繰り返し学習することになります。なお、そのほかに、「くわしい今民」には、「中間・期末テスト予想問題集」「入試問題にチャレンジ」もあり、力をつけることができます。







関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/03/20/Thu 14:17[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.