FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

二期目の鬼門。一期目トップ当選はこわい
 読谷村議会議員選挙が終わりました。 僕が応援する城間まゆみさんは1327票を得てトップ当選です。 すごいです。

 僕はその結果を知って喜ぶと同時に、 票を取りすぎたな、 次が大変だと思いました。

 「ニ期目の鬼門」というのがあります。2期目の選挙では 苦戦して 実際に 落選することも多いということです。

 ぼくの知人も落ちています。苦労しながらなんとか下位で当選した人もいます。

  これは何もジンクスのようなものではありません。
 実際に力が働くのです。

  城間まゆみさんは高い票数を得ることができました。 それだけの支持者がいたということです。

  彼女のことですから、議会では一生懸命に働くでしょう。
 この四年で実績も積んでいくはずです。

  そしてそれをみんなに知らせることで、有権者の信頼を勝ち取ることができるでしょう。
 議会の外でも相談活動をして色々解決していくでしょう。

  議員になったのですから、公の場で挨拶をしたりすることも多くなります。知名度が高くなります。
  多くの人に 名前と顔を知ってもらうということです。

 いいことだらけじゃないか。 これなら二期目も楽勝だよと思われるでしょうね。

 そこが問題です。1期目で高い得票をしたし、そして頑張っていれば 二期目の選挙も楽勝だと多くの人が思います。

  そこに緩みが出てくるのですね。選挙運動を1期目ほど必死でなくなります。

  他の候補者の支持者は 切り崩しにかかってきます。
  まゆみさんは力があるから大丈夫よ。あなたの票はこちらにまわしてちょうだいと言われて、その気になります。

 ぼくもそうですが、読谷のような小さなところでは、当選してほしい人が数人いることが多いです。
 まゆみさんが大丈夫なら、別の候補者にいれようかな、と思うひとが出てきます。

  そういうのが積もって二期目に苦戦をして、そして落選をするということがあり得るのです。

  1期目で トップ当選というのはすごいことではあるのですが、次の選挙で苦労する ことにつながるのです。 大変だなと思ったのです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.