FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

教わらなかったが、形声文字を僕らは理解していた
 漢字練習ノートを作成しています。 そこには形声文字の情報を入れています。

 反[ハン]がふくまれるので、飯の音読みは[ハン]

 というようなことをひとつひとつの漢字に入れる作業をしています。

 漢字の中で形成文字の占める割合はかなり大きいとのこと。 実際にその作業を進めているとほとんどの漢字がそうであることに気づきます。

  さて、僕は学生の頃に 形声文字について学んだ覚えがありません。もちろん学校の先生が教えたことを全て頭に残しておくほど記憶力は良くないので、教わったが忘れているということもあるでしょうが。

  学習塾をするようになり、小学生に国語を教えていると、形声文字というのが出てきました。 面白いものだと思ったものです。

  ただ、僕らはたくさんの漢字を学んでいるうちに、形成文字について漠然とながら 理解していたのではないだろうかと思われます。

 「官吏」の熟語が初めて出てきた。読み方を学んだことがない。そういうとき、「カンシ」と読む人が多いのではないでしょうか 。

 「使」の音読みが「シ」だというのはしっかり頭にあります。その一部である 「吏」も「シ」と読むと 推測をしてしまうのです。

 妻の話によると昔の同僚が、「緩下剤」を「ダンゲザイ」と読んだそうです。「緩(カン)」は「暖(ダン)」によく似ているので、音も同じだろうと推測したのでしょうね。

  このような推測は間違えることもありますが、結構 当たることもあるのです。

  私たちはたくさん漢字を 学ぶうちに、帰納法的にその中からルールを抽出して、形声文字のルールを作り上げて、適応してきたのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.