FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字の成り立ちを入れる ・・・漢字練習ノート
  漢字練習ノートを作成しています。 現在 それぞれの漢字の成り立ち(字源)を入れる作業をしています。

  漢字の成り立ちがわかると漢字を覚えやすくなります。

  象形文字や指示文字などは絵文字からできた文字なので楽しく 学習ができます。

 また、会意文字・形声文字はこれまで学んだ漢字をもとにしてできた漢字なので その漢字をそのまま覚えるよりも楽に学習できるはずです。

  そのような情報を入れることによって 楽に学習ができることを望んでいます。

 漢字の成り立ちを見ると色々な解釈があるようです。その中からできるだけ単純でわかりやすいものを採用しています。

 象形文字、指事文字、会意文字、形声文字、会意形声文字の 簡単な説明をしてから、次のような説明を加えています。

「川」の成り立ち:
大きな水の流れ(川)の絵からできた象形文字。

「一」の成り立ち:
横においた1本の木切れをえがいた指事文字

「林」の成り立ち
「 木+木」で「はやし」をあらわす会意文字。

「洋」の成り立ち:「氵(水)+羊」の形声文字。羊は、音(ヨウ)を表す。氵は(水)。水に関するヨウで、「広々としたうみ」「広がる水」、つまり「うなばら」を表す。

成り立ち:「女+未」の会意形声文字。未は、音(ミ→マイ)。意味(まだわかい)。女+未で、「まだわかい女」「いもうと」をあらわす。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.