FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

イスラエル旅行 ビュッフェ形式が多く、 飽きた
イスラエル旅行の食事はビュッフェ形式が多かったです。

旅行社からいただいた「旅のしおり」には次のように書かれています。

様々な民族や宗教を持つ人々が生活するイスラエルでは食事事情も人それぞれです。そのためホテルでの食事を中心にビュッフェ形式の提供が多めです。


 イスラエルはいろいろな宗教の集まったところです。エルサレムはユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地です。

そのために激しい衝突が起こったりします。

ネットで調べると次のようにあります。

 ユダヤ人にとって宗教的に不浄な食物の例としては、まず豚肉があります。美味しいエビやカキ、タコ、イカも食べられません。牛肉はいいのですが、血の滴るビーフステーキもだめです。フランス料理のカタツムリも、鯛の活け造りも、親子丼もいけません。


イスラム教徒はお酒を飲むことを全面的に禁じられています。 ワインを使ったフランス料理、みりんや日本酒を使った和食、ラム酒を使ったお菓子なども同じく禁止。 また、豚肉も全面的にNGです。


キリスト教の食事制限はそれほど厳しくなく、絶対に禁止という食べ物はありません。


 ビュッフェ形式にすれば、それぞれの宗教の人たちが自分で選んで食べられます。
 ビュッフェ形式 にした方が無難だということなのでしょう。

ただ僕らにすれば毎日のようにビュッフェ形式だと、似たような料理になります。

飽き飽きしたなと感じました。
まあ仕方のないことかもしれませんが。

なおイスラエルには、日本人の経営するラーメン屋があります。 豚肉を味のベースに使っているとのこと。

それを食べにユダヤ教信者もやってきて、繁盛しているそうです。

いい加減なユダヤ教信者もいるのですね。


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.