FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

僕は100 M を走れる
 2ヶ月前のことです。 妻は老人会の役員をしていますが、その集まりで 男子役員の一人から 「ヨージ(ぼく)は 運動会のリレーのメンバーとして走れないか?」と声をかけられたそうです。

 妻は「長い間走ったことないのに走って怪我でもさせたら大変だ」と即答で断ったそうです。

  さて、「信じられない」という人が多いのですが、僕は中学生の時、陸上部に所属していました。 短距離専門で県大会などでは80 M ハードル走 などにも出ました。

 県大会では中くらいでしたが、校内の運動会などでは結構活躍したものです。 だから走るのは好きです。

  だから、老人会の運動会でも走ってみたいなと思ったものです。

  ただ妻が言ったように長い間走ったことがないので、 100M を走りきることができるか 自信がありません。

 しかし、最近は 筋力運動をしたり 踏み台 昇降運動をしたりと運動はしているので もしかしたら走れるかもとも思いました。

  一度走れるかどうか試してみたいものです。
  近くに読谷村の陸上競技場があります。 そこで 試してみたいとも思いますが、 そこには 現役の陸上競技選手などがいるだろうからそこで惨めな格好をしても恥ずかしいなと躊躇していました。

  先日(11月15日)、意を決して妻を誘って 出かけました。
 妻にはタイムを測ってもらいます。スマートフォンのストップウォッチの使い方を教えました。

  案の定、数名ではありますが 現役の陸上競技選手らしきひとがいます。

  まあ年寄りなんだから と居直って、走りました。

  すると結構走れるのです。 最初から最後まで全力で走ってゴール。そんなに息も切れていません。

  妻に聞くと ストップウォッチを ゴールで押すことができなかった、 21秒ぐらいだったと思うとのこと。

  もう一度走ることにしました。 大丈夫、走れそう。

  次に走り始めたら妻がダメだと手を振りました。 スタート時に ストップウォッチを押すことができなかったようです。
  次も走り始めたら大きな声がするので 走るのをやめたら、声を出したのは別の人だとのこと。

  そしてまた走り始めました。
  次もゴールまで全力で走ることはできました。
  タイムは20秒20。

  中学生の頃は12秒台で走っていたと記憶しています。 随分遅くなっていますが、まあそんなもんでしょう。

  それよりも ゴールまで全力で走れて まだまだ余裕 があるのが嬉しかったです。自信になりました。

 毎日の筋トレ、踏み台昇降運動をやっているおかげでしょう。

  これなら来年の老人運動会に参加できそう。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.