FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

プッシュを受ける学習とプルする学習
 野口悠紀雄氏の本をよく読みます。
  野口悠紀雄氏の本には「プッシュを受ける学習」と「プルする学習」というのが度々出てきます。

  野口悠紀雄著「『超』独学法」から引用します。

  講義の受講は「プッシュ(押し出し)を受ける」ことだ。つまり、受動的な勉強法である。
 それに対して、 独学では、「自らプル(引く)する」つまり能動的な勉強法である。


  学校では 先生が 教え、そして生徒がその教えを聞いて受け止め学んでいきます。

 学ぶ内容を先生がプッシュして、そして生徒はそれを受け止めるという形です。

  それに対して 独学法などでは 自分で学ぶのを引っ張ってこなければいけなくなります。

  野口悠紀雄氏は基本的にプッシュの学習よりもプルの学習を評価しています。

 受動的学習よりも能動的に自分で色々考えてそして学ぶべきだと言っています。

 それについて僕は基本的に賛成です。受動的学習よりも能動的に学習した方がずっと身に着きます。

  セルフ塾ではそれを目指してきました。

 読む本は、他人の書評なども参考にしますが、基本的には自分で決めたほうがいい。

  ただ プッシュの学習も大切だなと思うことが度々あります。それについて 今後書いていこうと思っています。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.