FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

部品の足し算で学ぶで漢字を学ぶためには学年の壁を取り払わなければいけない

 昨日の続きです。

 「我、義、議」の三つの漢字。

 羊+我=義
 言+義=議

 になりますね。

 しかし、「議」は小学4年生で学び、「義」は小学5年で、「我」は小学6年で学ぶことになっています。

 だから、学年にこだわると、部品の足し算で学ぶのは難しいです。

  他にもたくさんの漢字で逆転しています。

 多分、日常よく使われる漢字を早くに学んで、徐々に日常から遠ざかる漢字を学ぶように作っているのだと思われます。

  そういう視点も分かりますが、漢字を覚えるにはもっと系統的に学習させた方がいいと思います。

  そのためには文部科学省が決めている教育漢字の学年の壁を取り払わなければいけません。

  僕は学年の壁を なくして、部品で学ぶ 漢字学習ノートを作っているのです。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.