FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

インプラントの手術と痛み

インプラントの手術を受けました。
インプラントをした方がいいと 歯医者に言われた時、 まず最初に思ったのは痛いだろうな、です。

口の中の骨に ネジを差し込むのですから 痛いはずです。 でも多くの人がやっていること。 僕にも 我慢できるはずだと思って決心しました。

そして手術です。 最初に麻酔を打ってもらいます。 鈍い痛みを感じました。 そんなに強い痛みではありません。

我慢するというほどでもなく過ぎました。 予防注射を我慢できるなら大丈夫。

しばらくして手術が始まりました。 意識ははっきりしています。

医者と歯科衛生技師との会話もよく聞こえます。

そしてドリルのような音がしました。
口の中の骨に穴を開けているのでしょう。 でも何も感じません。 痛みはゼロです。

そして手術が終わりました。 手術中は痛さは全くありません。

しばらくは口の中や唇 が麻痺のせいで感覚がありませんでした。

家に帰って水を飲もうとしたらこぼれてしまいそう。 ストローを使って飲みました。

痛み止めをいただきました。 痛くなったら飲むようにとのこと。

僕の場合 麻酔が切れた後でも何もしない場合には 手術を受けたことを忘れるほど痛みはありません。

ただ ご飯を食べる時 うっかりそこに 物が挟まると痛みを感じました。 でも酷い痛さではありません。

もう数日経ちましたが痛み止めの薬は 全く使いませんでした。

ということで インプラントの手術では 痛さは基本的になかったと言えます。

これはあくまで僕の場合です。 個人差はきっとあるはずです。

痛み止めを渡されるのですから、 それを利用する人も いるはずですね。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.