FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ぼくの教材に、学校で習わない内容が多い理由
 きのうはYoji著「ひとりで学べる理科 中学1年生 」にもアマゾンカスタマーレビューを書きました。

 以前に紹介したのですが、理科中学1年生のカスタマーズレビューに次のようなのがあるのが目に入りました。


可憐
5つ星のうち1.0使えませんでした。
2016年7月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
同じことが何度も出てきて、覚えられるようになっているようですが、
学校で習わない内容が多くて、子どもは困惑しています。
無料音声講義も、期待していましたが、あまり必要性を感じない内容でした。
しかも、先生のなまりがひどくて、とても聞いていられません。
正直、なぜ他の人が高評価なのかわかりません。


 酷評ですね。

 それにコメントを残しました。次の通りです。

 著者の仲松です。
 ぼくの本を購入されたとのこと。ありがとうございます。
 使えなかったことは、残念に思います。
 ご指摘のように、ぼくの本には、学校で習わない内容が多いです。
 学校の教科書には、結論だけ書かれていて、なぜそうなるのかが書かれていないことが多いです。
 ぼくの本は学校の授業の単なる繰り返しではありません。
 ぼくは教科書、学校の授業を理解するためには、こういうことも知る必要があると思われることはこの本に積極的に盛り込みました。特に理科は「なぜ」を重視する科目です。そのなぜが分かるようにしたのです。
 ぼくになまりがあることは自分でも分かっています。ただ、ぼくも本土の人と話す機会はありますし、本土の大学を出ました。なまりのせいで会話が成り立たなかったことはありません。なまりがあるのは、欠点だとは思っていません。
 お子様は困惑させてしまってことは、申し訳なく思っています。


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.