FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

フィードバックと子育て
 mixiにも「主観的世界,客観的世界」を書いています。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=35245141&comment_count=6&comm_id=1037793

 コメントがあったので,コメントしました。


だから、僕は子に対して腫れ物にさわるように扱う(あえて酷な表現を選びました)ことに反対です。

上手に育てようとした挙句、デリケートに育てすぎて打たれ弱い子になってしまうケースを最も恐れる立場からの意見です。

もちろん、ケース・バイ・ケースで色々な子がいて色々な親が存在し、様々な考えがあっていいと思います。

Yojiさんに提供していただいたテーマから逸れた、主観・客観の話とずれ、さらに先生や講師としての立場より、親と子についての色の強い意見を書いてしまいました。
また、なんの客観性や裏付けもない僕自信の狭い意見で申し訳なく思います。

こんな言及しにくいテーマを横入れしてしまう形になりましたが、僕自信、自分が子を持ったらどう接し、育てていくかについて考え出す歳になりました。
塾講師をアルバイトでやる傍らそんなことも考えています。

もし、興味がわいたらこんな話にも少し触れてみて下さい。




こぉへさん

 コメント,ありがとうございます。

>>>こんな言及しにくいテーマ

 ぼくは,そんなつもりではなかったのですが,これもぼくの主観とまたみなさんが受け取って主観のずれです。

 どんどん横やりを入れてくださった方がうれしいです。
 ぼくは,ぼくが学んだこと,考えていることを書き込んで,それをたたき台にして,みなさんがそれぞれの意見を書き込んでくれたらと思っているところです。そういう意味で,こぉへさんのコメントはうれしいです。


 子どもにどのような影響を与えているのかを気にするあまり,はれ物にさわるようになるのは,確かにあり得ますね。

>>>上手に育てようとした挙句、デリケートに育てすぎて打たれ弱い子になってしまうケース

 も十分にあり得ることです。

>>>いろいろな親が存在し、様々な考えがあっていい

 これも納得です。

 そういうことに全く言及していませんでした。それをこぉへさんが補ってくれたことに感謝いたします。


 ぼくは,このトピで「フィードバック」の大切さを書こうとしています。

 もう30年も前のことです。運転免許のために教習場に通いました。最初の日だと思います。
 助手席に座った教官がぼくにたずねました。
 「いま,タイヤはどこを向いていると思うか?」
 ぼくはもちろん「分かりません」と答えました。
 「では,どうすれば分かるか?もちろん,車の外に出てはいけない」
 考え込んだぼくは「車を歩かせれば分かります」と答えました。
 「そうだ。ぼくでも車を動かさないとタイヤの向きは分からない」

 車の動きを十分に注意するということです。
 車が右に曲がりすぎているときは,左にハンドルを切る。逆に左に曲がりすぎていると右に切って,自分の思っているところに車を進ませるようにします。

 結果が返ってくるのを考えにいれて,自分の行動を調整するのです。それをフィードバックといいます。

 はれ物にさわるように,デリケートすぎる育て方をして,打たれ弱い子になっていないか,それをみて,育て方を考え直すのもフィードバックです。

 頭のいい子に育てたい,やさしい子に育てたい,たくましい子に育てたい・・・・,それはいろいろです。それでいいのです。

 でも,やさしい子に育てたいと思って子どもに働きかけをします。例えば,ねこを飼ってかわいがるようにするやさしい子に育つと本にあったので,それを実行したとします。ぼくがここでいいたいのは,それで終わってしまってはいけない,ということです。

 そのペットを飼ったために子どもがどのように変化するのかを十分に気をつけなければいけないということです。やさしい子に育つようにした親の「つもり」が,そうなっているのかをみるようにしなければいけません。そして,それがうまくいっていると判断したら,それを続け,もしうまくいっていないと判断したら,変更することが必要になります。

 「打たれ強い子」に育てたいと思って,きびしく育てようとします。その加減が難しいですね。きびしすぎると心にゆがみがでてくる可能性があります。きびしさが足りないと「打たれ弱い子」になります。それがうまくいっているのかは,子どもをみることです。

 長々と書いてしまいました。みなさんからの反対意見などは,このコミュニティがうまくいくためにフィードバックになります。どんどん横やりを入れて欲しいです。

 よろしく。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.