FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

カタカナのソとンの書き方

地域の小学生の勉強を見ることがあります。

1年生の女の子がカタカナの練習をしています。

キリンのンの字をソを書くように、点を打って後、右上から左下に線を延ばしました。

僕が「あ、間違えた」と言うと、 こうなのと 左下から右上に線を延ばしました。

右上から左下に書く字と左下から右上に書く字があることは頭にあるようです。
どちらがどうなのかはっきりしない のです。

カタカナのツとシの書き方も おかしいです。

これはよく やられてるようにひらがなの「し」「つ」をもとに教えました。

ひらがなのつは、 左から右に線を引いて 右上から左下に 伸ばすでしょう、 カタカナのツも、点点を 左から右に書いてそして右上から左下に線を伸ばすんだよ。

ひらがなのしは 上から下に線を引いて下から右上に線を伸ばすでしょう、
カタカナのシ も上から下に点々を うったら左下から右上に伸ばすんだよと。

その後見ていると 僕が教えたのを 思い出しながらやっているのでしょう。考え考え、ツとシを書いていました。

カタカナのソとンの書き方も 何か良い教え方がないかなと考えてみました。

ソは 平仮名のその上を真似でばいいのでは。 
点を打ってから右上から左下に 伸ばす。

カタカナのソとひらがなの「そ」も 成り立ちは曽 からです。 ひらがなの「そ」は曽 を崩したもの、 カタカナのソば 曽の上の部分です。

成り立ちの上でもその教え方で良さそうです。

ひらがなの「ん」の最後のところを 元にして点を打って左下から右上に伸ばすと教えれば覚えやすいかもしれません。

ンとんの成り立ちは全く別の文字からなのそれには沿っていないのですが、覚えることができるのではないかな。

次はそれで教えてみよう。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.