FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

小学生に 漢字の妾を 教える

漢字学習ノートを作っています。 今漢字の書き方の練習 を作っていて、 1300あまりの漢字のうち800番目ほどに来ています。

漢字の足し算で漢字を学ぶ方法です。

例えば取の字は 耳+又ですね。

耳は耳という意味でいいのですが、又は右手の象形文字です。

昔、戦場で敵を 討ち取った時 戦果として 耳を取ったそうです。 耳を右手(又)で取るということで取の字ができたとのこと。

この又という漢字、 簡単で他の 漢字の部品によく使われますが、 中学生で学ぶのです。

だから通常 小学校では耳+又=取と教えることはできません。

でも僕は必要ならば又などの 中学で学ぶ漢字も教えてから それを部品とする漢字を教えるような漢字学習ノートを作っているのです。

接の字は小学5年で学びます。
接は、扌(てへん)+妾ですね。

接を教える前に妾を教えるということ。 妾は中学で学ぶ漢字です。

小学生に妾を教えるというのは、ぼくでも少し躊躇します。 妾というのは正妻ではない妻ということ。

小学生はどんな反応をするのでしょう。

女の子は不潔だと言うかもしれません。
こんな漢字を小学生に教えるなんて と 怒るお母さんもいるかもしれません。

あるいは現代の小学生はもっと進んでいるよ 、そんな心配いらない というのかも。

さて 外国人 も漢字を練習するようになっています。 外国人は学年にこだわる必要がないので僕の漢字学習ノートは良いのではないかと思っています。

それで簡単な英語を添えていますが、妾の英語はconcubine。 これは一夫多妻制の 第一夫人ではない 第2夫人、第3夫人などを 指す言葉だそうです。

妾と第二夫人、 考えれば同じものかな。 僕の頭では少し違うのですが。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.