FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

今日は大晦日、なぜ年をとったら時の流れ が早くなるか

今日は12月31日大晦日です。

大晦日になると、この一年速かったなという声がよく聞かれます。

時間の流れが速いと感じるのは退屈さと関係があるように思います。

この一年退屈だと思ってきた人は流れが速く感じるのです。

例えばこの一年何がありましたかということでノートに書いてもらうとする。

3行ほど書いたらもう終わりだという人は 何もほとんど思い出さないのですからこの一年速く時が経ったと感じるでしょう。

一方何ページにもわたって 多くのことを書き続ける人は思い出すことが多いので長く感じるはずです。

年を取ると 新しい経験というのはほとんどなくなります。 大抵のことはこれまで経験したことがあること。

そうすると振り返ってみて何をしたのか 新しいことは 出てこない。

するとこの一年速かったなぁと思うのでしょうね。

しかし僕はこの一年それほど退屈ではなかった。

自分なりにいろんなことをしてきました。

混声合唱団に入ったり、 地域の老人クラブの書記をしたり、 隣の自治会で 学童クラブのような ものの ボランティアをしたりしました。

旅行もしました。
新しい本も出版しました。

漢字学習ノートも 作り続けました。 もう数年になりますが 1日1日違うことをしています。

そういう意味で充実した 毎日を過ごしたと思っています。

だから振り返ってもいろんなことが思い出されます。

ただ客観的な年齢 に比例するのではなく、その人の心がけで時の流れが長くなったり短くなったりするのではないかな。

来年も充実した一年だったと言えるように 頑張りたい。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.