FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字書き取りのヒントが難しい

地域の小学生の勉強を見ることがあります。

小学1年生の男の子が漢字の書き取りの宿題をしています。

前に書きましたが漢字の書き取りの宿題では答えを見ながらそれを写す子がほとんどです。

しかしその子は一生懸命に 漢字を思い出して 書こうとしています。

ほとんどの漢字は埋まっていますが、 花と校 が思い出せません。

僕はそばでしばらく思い出すのを待っていました。
だいぶ時間が経っても思い出しきれません。

僕はヒントをあげようかなと思うのですがいいヒントが見つかりません。
花は、くさかんむりに化けるだよ と教えたいところですが、化の字は小学一年ではまだ習っていないはずです。

校は 木と交わるだよと教えたいところですが交もまだ習っていないと思います。

近くにいた子が「木を書いてごらん」と言ったのでその子はそれを書きました。

それでも右側の交を思い出せません。

点と一を書いてごらんと言うとナベブタを書くことはできました。
そして 「お父さん 、父の字を書いてごらん」 と言ったのですが、僕の言っている意味がよくわからないようです。

それでもなんとか 自分で思い出して書くことができました。

そして花もなんとか自力で思い出しました。
少し字の形がおかしいのでそこは指導しました。

今、漢字の足し算で学ぶ漢字学習ノートを作っています。 学年は無視して部品になる漢字を先に学ぶようにしています。

そのようにすれば漢字の書き取りもヒントが出しやすいのになと感じました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.