FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

手洗いの実験、僕ならこうする

新型コロナウイルスの衝撃で日本列島、いや世界中が大きく揺れています。

テレビではその予防として手洗いが勧められています。そして手洗いの実験なども。

目に見えない塗料を手に塗って、そして石鹸を使って通常通りに洗ってみる。その塗料は光を当てると見えるようになっている。

洗って後光を当てると洗い残しがあちこちにある。という実験ですね。
皆様も見たことがあるでしょう。

手の甲や指の間そして指先などに洗い残しがあるそうです。

もう一つの実験は
一人の人にその塗料を塗ってそして別の人と一緒にある空間ある一定の時間過ごす。すると最初塗料を塗ってなかった人にも塗料がつくというものです。

このようにして感染するんだなというのが分かります。

こういう実験もいいと思います。人から人にこのようにしてうつるんだということがわかり、そして洗い残すところがあることを理解できます。

ただ僕なら次のような実験をしますね。

2番目に紹介したように、一人の手に塗料を塗ってしばらく一定時間同じ空間で過ごす。そしてその後最初に塗料を塗っていなかった人が手を洗ってみるのです。

するとどうなるか?
見てみたいですね。

要するに手洗いはウイルスがついたところを洗うべきです。
手のひらや指先に塗料がたくさんつくでしょう。手の甲や指の間にはほとんどつかないのではないでしょうか。

指の先にはつくと思います。

僕が言いたいのはウイルスがつきやすい所を丁寧に洗うことが大切だということです。

指の間や手の甲を洗うことは大切だとは思いますが、それよりもウイルスがつきやすい手のひら、指先をさらに丁寧に洗う必要がある、というのを示すべきではないかな。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.